サプライズ選出に感激する35歳ビジャ「これまでの実績は関係ないし、謙虚な姿勢で合流する」

スペイン代表復帰を果たしたビジャ photo/Getty Images

「準備は整っている」

かつてサラゴサやバレンシア、そしてバルセロナなどで活躍し、現在はアメリカのニューヨーク・シティでプレイするFWダビド・ビジャが、3年ぶりとなるスペイン代表復帰を喜んでいる。

25日、フレン・ロペテギ監督によって驚きの発表が成された。ロシアW杯欧州予選に臨むスペイン代表メンバーが言い渡され、同指揮官はアルバロ・モラタやペドロ・ロドリゲス、そしてジェラール・デウロフェウらと共に35歳の韋駄天ビジャを選出。2015年よりアメリカの地で活躍するスペインのレジェンドをイタリア戦に向けたメンバーリストに含めたのだ。

もちろん今回の招集は多くの驚きと懐疑をもたらしているものの、本人は全力を尽くす準備ができている。スペイン紙『as』はビジャによる意気込みの言葉を伝えた。

「イタリアとのゲームは生きるか死ぬかの熱戦になる。僕が試合に出場するかどうかは監督の判断になるが、自分の準備は整っているし、チームを助けたいと心から思っている。僕にとってスペイン代表のシャツを纏うことは最高にエキサイティングなことだ。何にも代え難いことだしね」

バルセロナで多くを成し遂げたビジャの能力に疑念の余地はないが、当初は不安の念もあったという。

「最初、招集の連絡を受け取った時は正直不安な気持ちになった。でもすぐにそんな感情は無くなったね。報道を見て、僕がどれだけの愛情を受けているかを知ったよ。もちろん僕は代表チームにおける多くの戦術的オプションの中のひとつに過ぎない。これまでの実績は関係無いし、謙虚な気持ちで合流するよ」

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.240 V字回復への処方箋
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ