“Newシェフチェンコ”が約33億円でドルトムント加入「このクラブがレベルアップできるよう全力を」

新たな挑戦が始まる photo/Getty Images

古巣への感謝も

ドイツのドルトムントが28日、ディナモ・キエフから“シェフチェンコ2世”とも謳われたウクライナ代表FWアンドリー・ヤルモレンコを獲得することで合意に達したことを発表した。2021年6月までの4年契約を結び、背番号「9」を委ねている。

ウクライナの名門で通算137ゴールをもたらし、同国代表でも69試合出場29ゴールという戦績を残す27歳ストライカーへの関心は以前より囁かれていたが、ウスマン・デンベレ放出による“臨時収入”で契約締結が加速。ドイツの複数メディアによれば、ヤルモレンコ獲得に際し、ドルトムントは約33~39億円の移籍金をディナモ・キエフへ支払うことになるという。

大きな挑戦を前にして、ヤルモレンコは次のようにその意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。

「ディナモ・キエフにはとても感謝しているよ。彼らはヨーロッパのビッグクラブでチャレンジしたいという僕の夢を理解してくれたからね。今後はドルトムントがさらなるレベルアップを成し遂げられるようにすべての面で全力を尽くす。僕にとってはそれが何よりも優先すべきことだよ」

ドルトムントにはすでに絶対的なスコアラー、ピエール・オバメヤンが君臨しており、ヤルモレンコとの2トップが実現するのか、それともサイドでの起用がメインとなるのか、ピーター・ボスによる采配に注目だ。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ