[移籍]ケイタ、71億円で落札! 来夏にレッズ加入「ライプツィヒでのラストイヤーを全力で」

リヴァプールに多くをもたらすだろう photo/Getty Images

遂に交渉完結

イングランドのリヴァプールが29日、ライプツィヒからギニア代表MFナビ・ケイタを来夏に獲得することで合意に達したと発表した。正式な加入は2017-18シーズン終了後の来年7月となり、移籍金は約71億円と伝えられている。

ピッチ上を縦横無尽に走り回り、昨季のライプツィヒによる躍進を中盤で支えていたケイタは172cmと小柄な体型ながら、攻守における貢献度は例外的に高い。弱冠22歳にしてクラブでの中心的役割を担う同選手には、リヴァプールの他にも多くの名門クラブが魅了されており、今夏のマーケットにおける人気株の1人だった。

今季終了後の加入を正式に決定させたリヴァプールの公式サイトは、将来性抜群のハードワーカーによる喜びのコメントを伝えている。

「リヴァプールとライプツィヒが今回の移籍で合意に達してくれたことをとても幸せに思うし、来季以降、リヴァプールの戦いに参加できるという事実は僕を最高に興奮させているよ。もちろんライプツィヒでのラストイヤーを全力で戦い抜くことも約束する。これまでもこのクラブのシャツを纏った試合では常にすべての力を注いできた。それは最後の瞬間まで変わることはない」

2017-18シーズン、彼はリヴァプールに対する想いを胸に秘めながらライプツィヒの為に奔走することになる。

「自分の将来に関する不安が消えたことで、今季はライプツィヒで全力疾走することができるよ。来年夏の正式な加入まで、僕は遠くからリヴァプールのことも応援する」

長らく彼を求め続けてきたユルゲン・クロップにとっては最高の契約となっただろう。あとはどれだけ成熟した状態で来年の正式な合流を迎えられるかだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ