チェルシー、42億円でようやく容認か コスタ念願のアトレティコ復帰へ

移籍が噂されるジエゴ・コスタ photo/Getty Images

昨季リーグ20ゴールを記録

昨シーズンのチーム内得点王で、チェルシーを2シーズンぶりのリーグ優勝に導いたジエゴ・コスタだが、今夏にアントニオ・コンテ監督から戦力外通告を言い渡されていた。そのため今夏中の移籍を志願しており、ようやく移籍市場閉幕直前にして、念願であったアトレティコ・マドリードへの移籍が認められたようだ。

英『Mirror』によると、コスタ放出にチェルシー側が3000万ポンド(約42億円)で妥協し、アトレティコと合意に近づいているようだ。また、アトレティコは今夏の補強禁止処分が科せられているため、選手獲得はできても登録することができない。そのためアトレティコは登録が行なえる1月までの間、同選手が期限付きでプレイできるクラブを同時に探しているという。

現在の移籍市場の価格高騰を見れば、コスタほどのストライカーを安価で放出することだけは避けたかったチェルシーだが、状況を考えればやむを得ない決断だろう。クラブに戻る意志のない選手を残しておいても意味はなく、クラブにとっても選手にとっても不利益でしかない。チェルシーは互いのためにも、31日までに契約をまとめることができるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ