ミュラー、アンチェロッティと“共鳴”できず「彼の要求が一切分からない」

その能力に疑いは無い photo/Getty Images

試合後に本音を噴出

ドイツのバイエルン・ミュンヘンに所属する同国代表FWトーマス・ミュラーが、指揮官の采配に不満を示している。

足に吸い付くボールコントロールに抜群の決定力、そしてその抜け目なさから、これまで名門バイエルンにおける主力選手として活躍してきたミュラー。27歳となった今、彼のより洗練された攻撃センスはチームにとって大きな弾みとなることが予想されたが、カルロ・アンチェロッティ監督との相性は決して芳しいものではないようだ。

26日、敵地でブレーメンとブンデスリーガ第2節を戦ったバイエルンはミュラーを先発から外し、ロベルト・レヴァンドフスキの2ゴールにより完封勝利。ポーランド代表FWの2得点目は73分からピッチへ投入されたミュラーのお膳立てから生まれたものだが、彼には何かが引っかかっている様子だ。『ARD』はブレーメン戦後のミュラーのコメントを伝えている。

「監督は僕に一体どのような役割、そしてクオリティーを要求しているのだろうか。自分には一切分からないね。少なくとも確実なのは、僕のもたらしているのが彼の欲しがるものではないということだよ。要求を100%満たすことができていないのさ」

昨季は9ゴールという戦績に留まり、ブンデスリーガ屈指のアタッカーとしてはやや物足りないシーズンとなったミュラー。年齢的に最も脂の乗り切っている時期ともいえる同選手だが、アンチェロッティからの絶大な信頼を獲得することはできるのだろうか。彼の奮闘に期待したい。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ