モウリーニョ・レアルを振り返るX・アロンソ 「彼はサポーターにも戦うことを求める」

X・アロンソとモウリーニョ photo/Getty Images

今のレアルとはまるで異なるチーム

現在ジネディーヌ・ジダン率いるレアル・マドリードはテクニックのあるMFを多数揃えた美しいチームになっているが、ジョゼ・モウリーニョが率いていた際のチームは少しばかり暴力的とのイメージもあった。

特にバルセロナとのクラシコは大荒れで、喧嘩が起こるのは当たり前になっていたところもある。スペイン『MARCA』によると、今回当時を知る元レアルDFアルバロ・アルベロアと元レアルMFシャビ・アロンソが振り返っている。

まずアルベロアは、「あの時間は僕を変えたよ。フットボーラーとしても、人としてもね。僕たちは多くのものを勝ち取ったけど、僕とチームが求めていたものほどではない。もう少し運があればさらに多くのことを達成できたはず」とコメント。同メディアは当時のレアルを野性味溢れたチームだったと評しているが、それも納得だろう。

また、アロンソは「モウリーニョが自身の考えをどう伝えていたか覚えているよ。パッションがあり、選手だけでなく周囲の人間も参加する。彼はサポーターにもクラブのために戦うことを求めるんだ。まさにロックンロールだ」と語っており、情熱的なモウリーニョの指揮を振り返っている。

今のレアルとは全く異なるタイプのチームだったが、モウリーニョ率いるレアルもサポーターを熱くさせる魅力的なチームだった。あの激しいスタイルの方が好みというサポーターもいるのではないだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ