補強に満足感を示すスパレッティ 「ダルベルトも優れたサイドバックだ」

インテルを率いるスパレッティ photo/Getty Images

今夏の補強に満足

今季こそチャンピオンズリーグ出場権獲得を目指すインテルは、今夏に数名の実力者を加えた。ローマから指揮官ルチアーノ・スパレッティを招聘したことも大きいが、他にもフィオレンティーナからMFボルハ・バレロ、マティアス・ベシーノ、さらにサイドバックにもダルベルト・エンリケとジョアン・カンセロを加えている。

クラブの公式サイトなどによると、スパレッティもチームの補強には一定の満足感を示している。2人の新戦力を加えることになったサイドバックにも満足しているようで、今夏の補強について次のように語っている。

「我々のディレクターは良い仕事をしてくれた。私はボルハとベシーノが何をもたらしてくれるかは分かっていたし、ダルベルトも優れたサイドバックだ。コンドグビアの件でプランは少し変わったが、カンセロがインテルの選手になった。彼とダルベルトは非常に攻撃的で、我々が必要としていた選手だ。もちろん最終ラインでバランスを見つけないといけないけどね」

スパレッティが評価したダルベルト、カンセロは日本代表DF長友佑都にとってはライバルとなり、2人とも実力者なのは間違いない。26日にはスパレッティが昨季まで指揮を執っていたローマと対戦することになっており、長友はスタメンでプレイする可能性が高いと見られている。

カンセロ、ダルベルトらとのポジション争いを制すことができるかは注目のポイントだが、長友はローマ戦でも印象的なパフォーマンスを見せられるか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ