再びマンUに舞い降りたイブラ、“背番号変更”秘話を明かす

昨季の全公式戦で28得点を挙げたイブラヒモビッチ photo/Getty Images

「ルカクが俺に電話をかけてきた」

マンチェスター・ユナイテッドは24日、昨季まで同クラブに在籍したFWズラタン・イブラヒモビッチと1年間の再契約を結んだことを発表した。

昨季までウェイン・ルーニー(現エヴァートン)がつけていた背番号10を引き継ぐことになったイブラヒモビッチ。同選手は米『ESPN』が行ったインタビューのなかで、昨季まで自身がつけていた背番号9をロメル・ルカクに譲った経緯を説明している。

「ルカクが俺に電話をかけてきて、『兄貴、俺が9番をつけても良いかな』と尋ねてきたんだ。それを聞いて俺はこう言っておいたよ。俺は君(ルカク)を困らせるようなレベルの男じゃない。君にはこのクラブで幸せになってもらいたいし、クラブから歓迎されていることを実感してほしい。だから9番を譲るさ。ただ、10番は俺が貰うけどね。(無所属の期間中、)俺自身にこのクラブを去ったという実感はなかった。あくまで背番号をアップグレードしただけさ」

早くも意気投合している様子が窺えるルカクとイブラヒモビッチ。互いにポストプレイを得意とするストライカーだが、このふたりが2トップで共演する日はおとずれるのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ