チェルシー新DFリュディガーが“万能性”を猛アピール「3バック、4バック、右SBでもやれる」

今夏にチェルシー加入を果たした photo/Getty Images

「新たな挑戦にドキドキしている」

今夏にイタリアのローマからイングランドのチェルシーへと移籍したドイツ代表DFアントニオ・リュディガーが、プレミアリーグでの新たな戦いについてその抱負を述べている。

圧巻のスピードと身体能力を誇り、将来のドイツ代表における活躍が期待される24歳の守備職人リュディガーは、20日にウェンブリーで開催されたプレミアリーグ第2節のトッテナム戦で、開幕戦に続き先発として出場。難敵相手からの勝ち点3奪取に貢献し、早くもチーム内での居場所を確保した新CBが、クラブ公式サイトでタイトル獲得に向けての意気込みを次のように語った。

「僕の到着を快く歓迎してくれたクラブの関係者やチームメイトらにはとても感謝しているよ。それらに応えるためにも、今後は多くのタイトルに恵まれるよう必死で努力して貢献する。これは僕にとって完全にゼロからのスタートになるね。英語に関しては幼い頃から勉強していたからコミュニケーションの面では問題ないと思う」

さらにリュディガーは、自身が戦術的な柔軟性を持ち合わせていることもしっかりとアピールした。

「イタリアでの経験は僕にとってすごく大きなものとなった。守備というものに対する理解や考え方もより深まったしね。僕は3バックでも4バックでも問題なく戦うことができるよ。他に右サイドバックでもやれる。僕の経験がチームに少しでも役に立てば幸いだ。プレミアリーグは世界最高だし、チェルシーはとても大きなクラブ。新たなチャレンジにすごくドキドキしているよ」

堅固な守備を前提に、鋭いカウンターで敵を破壊するチェルシー。長年にわたり培ってきたこのクラブの戦術において、リュディガーの台頭は言うまでもなく欠かせないはずだ。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.191 激化するビッグクラブの勢力争い
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ