レアルMFの行き先はアーセナルかチェルシー アトレティコへの“禁断移籍”は却下される

素晴らしい才能を秘めるジョレンテ photo/Getty Images

若手MFはどこへ?

アトレティコ・マドリードが獲得に興味を示すスペイン人MFマルコス・ジョレンテだが、保有元のレアル・マドリードはそれを決して許さないだろう。

現在22歳のジョレンテは昨季アラベスで修行を積み、今夏のマーケットで古巣へと復帰。満を持してサンティアゴ・ベルナベウでの挑戦に臨むつもりだったが、チームは彼と同ポジションの有望株ダニ・セバージョスと契約するなどし、熾烈なポジション争いは必至の状況だ。スペイン紙『as』は出場機会を求めるジョレンテがレアルからの退団を熱望し、アトレティコがその受け皿として立候補したものの、白い巨人はこの提案を却下したと報じた。曰く、レアル側の狙いはプレミアリーグからの関心を引き上げることであり、現時点でアーセナルとチェルシーがジョレンテ獲得の為に問い合わせを施してきたのだという。

レアルは今夏に契約解除金を満額支払うことで獲得にこぎ着けた元アトレティコDFテオ・エルナンデスの案件を最後に、ライバルクラブとのビジネスに臨むつもりが毛頭無いようだ。とはいえ、ジョレンテからすれば期限の迫った移籍マーケットにおいて、クラブ側には迅速な対応を願っていることだろう。アーセナルなのか、それともチェルシーなのか。ジョレンテの行き先に多くの注目が集まっている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ