ラッシュフォードの決定力にサポーター不満 「足が速いだけのウェルベック」との意見も

マンUのラッシュフォード photo/Getty Images

スウォンジー戦のチップシュートにウェルベック重ねる

開幕節のウェストハム戦に続いてスウォンジーも4-0で粉砕したマンチェスター・ユナイテッドは、開幕前の期待通りロメル・ルカクやポール・ポグバら攻撃陣が爆発している。その中で数少ない不安材料があるとすれば、左サイドで2試合続けて先発したマーカス・ラッシュフォードの決定力だろう。

ラッシュフォードはスウォンジー戦でも相手の最終ラインの裏を取るシーンがあったが、中途半端なチップキックを選択して決定機を逃してしまった。能力は間違いないのだが、ここ最近は決定機を活かせないシーンも目につく。途中交代で出場したアントニー・マルシャルが2試合連続ゴールと結果を出しているため、今後序列が変化しても不思議はないだろう。

英『METRO』によると、サポーターもラッシュフォードの状態を心配しており、現在アーセナルでプレイするダニー・ウェルベックと重ね合わせている者も多い。というのも、今回のスウォンジー戦でラッシュフォードが失敗したチップキックからバイエルン戦でマヌエル・ノイアー相手にチップキックを失敗したウェルベックを思い出したサポーターが多いからだ。

ウェルベックのチップキックとは、2013-14シーズンのチャンピオンズリーグ準々決勝のマンU対バイエルンの一戦でのことだ。ウェルベックはウェイン・ルーニーのスルーパスに抜け出してノイアーと1対1の状況を迎えたが、チップキックをあっさり右手で防がれてしまった。

今回のラッシュフォードのチップキックにサポーターは、「ラッシュフォードは1対1を決めなければいけない」、「ラッシュフォードはただ足が速いだけのウェルベックじゃないか」、「突然ラッシュフォードがウェルベックと比較されている」、「ノイアー相手にチップキックしたウェルベックを思い出したよ」と反応しており、ラッシュフォードの決定力を疑問視している。

ラッシュフォードを含め前線の決定力不足は昨季から指揮官ジョゼ・モウリーニョが指摘していた部分だが、今季は成長の証を見せられるのか。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ