ポゼッション率は03-04以降最高の77・3%なのに…… アーセナルがさっそく躓いた 

アーセナルを率いるヴェンゲル photo/Getty Images

1点が遠かった

さっそくアーセナルが躓いた。アーセナルは19日にストーク・シティとアウェイで対戦し、ヘセ・ロドリゲスにゴールを奪われて0-1で敗れてしまった。今季はプレミアリーグ制覇、最低でもトップ4入りを実現したいところだが、いきなり勝ち点を取りこぼしてしまった。

しかも注目すべきはこの試合のスタッツだ。アーセナルはこの試合でポゼッション率77・3%を記録し、常にストークを押し込んでいた。パス本数も700本を超えており、アーセナルが試合をコントロールしていたのは間違いない。しかし、1点が遠かった。

英『ForFourTwo』によると、アーセナルがこの試合で記録した77・3%というポゼッション率は、2003-04シーズン以降ではクラブ最高の数字になるという。また、苦しい展開から勝ち点3を獲得したストークはポゼッション率が22・7%だったわけだが、これはストークにとってプレミア史上最低の数字だった。

記録的なポゼッション率を誇ったアーセナル、最低のポゼッション率で勝利したストークと奇妙な展開になり、同メディアも「勝利するためにポゼッション率は不要」と伝えている。アーセナルは相手を崩し切ることができなかったが、チャンスメイクの質がやや低かったか。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ