ピケがついに認める「ここにきて初めて、マドリードより劣っていると感じた」

ついにレアルを認めたピケ photo/Getty Images

レアルに完敗したバルセロナ

バルセロナに所属するジェラール・ピケは、これまで何度もライバルであるレアル・マドリードを挑発するコメントを残してきた。しかし、今回ばかりは対戦相手を認めている。

バルセロナは13日と16日に行なわれたスーペルコパ・デ・エスパーニャで、ホームとアウェイともにレアル・マドリードに完敗。全くといっていいほど何もできずに終わった。ネイマールも失い、新シーズンに不安を残すバルセロナ。敗戦を認めたピケのコメントを英『the guardian』が伝えている。

「これには長いプロセスがあり、改善の余地がある。しかし、ここに来て9年になるが、初めてマドリードより劣っていると感じたよ。我々は今ベストな状態にない。この流れをここで止め、前に進まなければならない」

ピケにここまで言わせた今のレアルは相当強く、バルセロナは全く張り合えていないと感じるのだろう。ネイマールの後釜が見つからないバルセロナは、早急に改善しなければ、レアルのリーグ連覇をただ見守って終わることになってしまう。移籍市場が閉まるまで残り2週間を切った。この先の過ごし方が非常に重要となる。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ