ブンデス公式発表のベストゴール集に岡崎と大迫がエジルらとともにランクイン(映像アリ)

シュツットガルトで活躍していた岡崎 photo/Getty Images

頭文字“O”の選手たち

18日に幕を開けたドイツ・ブンデスリーガ。バイエルンの6連覇を阻止するチームが現れるのか注目が集まるが、日本人選手の活躍にも期待が懸かる。ブンデスリーガ公式サイトはこれまでのブンデスリーガのベストゴールを紹介し、日本人選手もランクインした。

同サイトは、これまでのベストゴールを選手の名前の頭文字ごとに分け、トップ10のランキング形式で発表している。今回発表されたのが“O”から始まる名前の選手たちで、かつてブレーメンで活躍したメスト・エジル(Mesut Ozil)も名を連ねている。日本人では7位に大迫勇也(Yuya Osako)が16-17シーズンにヘルタ戦で決めた、圧巻のミドルシュートがランクインした。2位にはシュツットガルト時代にゴールハンターとして暴れていた岡崎慎司(Shinji Okazaki)が選ばれている。岡崎の選ばれたゴールは、11-12シーズンのハノーファー戦で決めたスーパーボレーだ。

19日からは日本人選手もブンデスリーガの新シーズンに登場する。1部には日本人選手が新たに鎌田大地と浅野拓磨の2選手が加わり、合計10人の日本人選手が集う。今シーズンは、どんなスーパーゴールが日本人選手たちから生まれるのだろうか。



参照元:YouTube

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.191 激化するビッグクラブの勢力争い
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ