バルサGMが証言「コウチーニョとデンベレはともに近づいている」

移籍が噂されるコウチーニョ photo/Getty Images

移籍完了となるか

ネイマール放出で多額の資金を手にしたバルセロナだが、同選手の後釜ではなく29歳のセンターMFパウリーニョ獲得に4000万ユーロ(約52億円)を使い、バルセロナ首脳陣は批判の対象となっている。そこで、同クラブのGMを務めるペップ・セグラ氏は、交渉中である後釜候補の2選手に状況について口を開いた。

バルセロナが獲得を目指すのは、リヴァプールのフィリペ・コウチーニョとドルトムントのウスマン・デンベレだ。両選手はクラブの顔であり、決して安価では獲得できない。同時に2選手確保ともなればこれ以上にない補強となるが、セグラ氏によると交渉は前向きだという。同氏のコメントを英『METRO』が伝えている。

「コウチーニョとデンベレはともに(獲得に)近づいている。最終的にバルサのシャツを着ることを願っているよ。取引が完了するまでなにも言えない。我々はクラブを強化するために自分たちがやるべきことは分かっている」

バルセロナは13日と16日に行なわれたスーペルコパ・デ・エスパーニャで、ホームとアウェイともにレアル・マドリードに完敗し、事態は一刻を争う状況まできている。もはやコウチーニョとデンベレ獲得は、願望ではなく至上命題だろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ