武藤嘉紀がマインツの軸の1人 独紙「指揮官はチームの軸を5人決めている」

マインツの武藤 photo/Getty Images

プレシーズンでしっかりアピール

今夏からマインツの指揮官に就任したサンドロ・シュワルツは、チームの軸となる選手を決め始めているようだ。

独『Bild』によると、同指揮官がチームの軸に選んだのは5選手。32歳のベテランGKレネ・アドラー、主将も務めるDFシュテファン・ベル、中盤のダニー・ラッツァ、アレクサンドル・マキシム、そして最前線で奮闘する日本人FW武藤嘉紀だ。同指揮官はスタメン11人を固定しているわけではないようだが、この5人はチームの軸になる選手と捉えている。

武藤の担当する最前線ではジョン・コルドバがケルンに移籍したため、どう顔ぶれが変化するのか注目されていた。ケナン・コドロ、ヴィクトル・フィッシャーの2人が今夏に加わったものの、プレシーズンを含めここまで前線の主役は武藤だろう。

武藤は先日のDFBポカール1回戦のリューネベルガー戦で2得点を記録し、さらにPKまで獲得するなど全ての得点に絡んでいる。独紙も以前マインツでプレイしていた日本代表FW岡崎慎司と得点率でそれほど差がないことを伝えていたが、今の武藤はマインツの中でも最も得点が期待できるアタッカーとなっている。昨季は怪我もあってやや苦しいシーズンを過ごしたが、今季武藤は前線の顔としてチームを引っ張れるか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ