トッテナム、待望の移籍第一号か パリの若手有能DFと合意間近

トッテナム行きが近づくセルジュ・オーリエ photo/Getty Images

カイル・ウォーカーの穴埋めに期待

プレミアリーグ初戦を見事勝利で飾ったトッテナムだが、今夏の補強は全く進んでいない。だがようやく移籍第一号として、パリ・サンジェルマンの右サイドバックで活躍するセルジュ・オーリエと、個人合意に達したようだ。

オーリエのノースロンドン行きが秒読み段階に入ったと、仏『L’Equipe』が報じている。PSGは初め同選手放出に乗り気ではなかったものの、現在は移籍を認めオファーを受けて入れているという。同選手には数多くのクラブが獲得に興味を示しており、マンチェスター・ユナイテッド移籍で合意したと英『THE Sun』に報じられていが、オーリエは行き先をトッテナムに変更したようだ。

トッテナムは右サイドバックのカイル・ウォーカーをマンチェスター・シティに放出しており、オーリエ獲得ともなれば素晴らしい補強となるだろう。UEFAチャンピオンズリーグなどを考えれば、補強なしでシーズンを通して戦うことは難しい。また、悲願のプレミアリーグ制覇には、現状のメンバーに加え新たな戦力が必要不可欠だ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ