「香川と本田は4年前ほど日本の中心ではない」 オーストラリアも気にする”皇帝”の現状

4年前にPKを決めた本田 photo/Getty Images

4年前は本田のPKでW杯出場が確定

8月31日におこなわれる2018ロシアワールドカップ・アジア最終予選の日本代表戦に向け、オーストラリア代表も徐々に戦闘モードに入りつつある。

オーストラリア代表の公式サイトでは海外でプレイする日本人選手を特集しており、31日の決戦へ向けて日本代表の主力部隊の出来を気にしている。7月にトレーニングマッチで怪我を負ってしまったものの、日本代表のエースである大迫勇也、前回のオーストラリア戦でゴールを決めているヘルタ・ベルリンFW原口元気、他にも吉田麻也や長友佑都など常連組の現状にも触れているが、特に注目されているのが今夏パチューカへ向かった本田圭佑だ。

同サイトは「日本の皇帝はメキシコを選んだ」と伝えており、4年前のブラジルワールドカップ・アジア最終予選でオーストラリア相手にPKを決めて本大会出場を決めた男の現状を気にしている。本田は出場機会を得るためにメキシコを新天地に選んだわけだが、31日のオーストラリア戦でも重要な役割を果たすのかは気になるところだろう。

同サイトは「香川真司と本田は4年前とは違って日本チームの中心ではない。特に後者の状況は興味深い。サン・シーロでの3シーズンのあと、皇帝はハリルホジッチから代表の座が危ないとの警告を受けてプレイタイムを得るためにミランを離れた。退団は予想通りだったが、行き先はそうではなかった」と伝えており、パチューカで本田がどこまでコンディションを上げてくるのか気にしているようだ。

その本田はまだパチューカでデビューできていない状態で、オーストラリア戦に召集される場合はどうチームに貢献するのか注目だ。4年前は本田がワールドカップ出場を決めてくれたが、今回ホームでのオーストラリア戦で日本を歓喜に導いてくれるのは誰なのか。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ