シティ新加入の史上最高額DF 早くもプレミアのレジェンドからお叱りを受ける

プレミアリーグのレジェンドであるジェラード氏とランパード氏 photo/Getty Images

SNSで軽はずみな発言

今夏マンチェスター・シティにDF史上最高額で加入したベンジャミン・メンディが、思わぬ形でプレミアリーグの洗礼を浴びている。

シティは13日、プレミアリーグ第1節で昇格組のブライトンと対戦した。試合はセルヒオ・アグエロのゴールを含む2ゴールで、シティが快勝している。この日、シティの2点目は相手DFオウンゴールによるもので、このゴールを試合後にメンディが自身のTwitterを通じて「強烈なヘディング」と、軽く茶化してしまった。同選手はこの数時間後に自身の発言を釈明したものの、これがプレミアリーグのレジェンドたちの逆鱗に触れてしまうことに。英『BT spotrs』に出演した元リヴァプールのスティーブン・ジェラード氏と、元チェルシーのフランク・ランパード氏が、この投稿について同番組内でコメントしている。

ジェラード氏は「正直こういうのは好きではない。メンディが今シーズン、ミスを犯せば批判が余計大きくなるだろう」と語り、ランパード氏は「スティーブンに賛成だ。なぜ投稿する前に確認しなかったんだ。スティーブンの言う通り、彼がミスを犯せば、誰かがツイートするだろう」と、メンディの投稿を非難している。

この日試合に出場しなかった同選手だが、プレミアリーグで戦う上で様々な厳しさを思い知ることになったに違いない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ