BBC以上の強力ユニット? スペイン紙がレアルの中盤4人を「ファンタスティック・フォー」と呼ぶ

マンU戦で活躍したイスコ photo/Getty Images

中盤を圧倒的な力で支配

数年前までレアル・マドリードの象徴といえばカリム・ベンゼマ、ガレス・ベイル、クリスティアーノ・ロナウドの3名で構成されるBBCだったが、今のチームには新たなユニットが生まれている。スペイン『MARCA』が注目しているのはカゼミロ、トニ・クロース、ルカ・モドリッチ、イスコの4名で、「ファンタスティック・フォー」と呼んでいるようだ。

この4人は先日のマンチェスター・ユナイテッドとのUEFAスーパーカップでも先発しており、中盤を面白いように支配していた。カゼミロは守備的な役割で中盤を引き締め、クロースはシンプルながら正確なパスでゲームメイクをし、モドリッチは創造性を加える。そしてイスコはより高い位置で自由に動き、狭いスペースを使ってチャンスメイクをしてくる。この4人を抑え込むのは非常に困難だ。

特に同メディアが絶賛しているのがマンU戦で得点を記録したイスコで、クリスティアーノ・ロナウドやリオネル・メッシと同じく世界最高クラスの選手たちと肩を並べるほどの実力があると伝えている。つまりはバロンドールをも狙う力があるとの評価で、レアルを象徴する存在になりつつあるとまで伝えられている。

今のレアルは中盤を圧倒的な力で支配するファンタスティック・フォーに加え、マテオ・コバチッチ、ダニ・セバージョス、マルコ・アセンシオなどベンチに控える選手たちこそ主役で、ロナウドらBBCの選手はあくまでフィニッシュの場面で目立つといった印象だ。今季も中盤の選手たちの出来が1つのカギを握ることになりそうで、レアルのチームカラーは徐々に変化している。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ