ラカゼットだ! 岡崎だ! バーディだ! プレミア開幕戦は壮絶なシーソーゲームに

決勝ゴールを決めたジルー photo/Getty Images

7ゴール生まれる乱打戦

12日にイングランド・プレミアリーグ第1節、アーセナル対レスターの一戦が行なわれた。アーセナルは出場が危ぶまれたエジルが間に合い、今夏クラブレコードとなる移籍金で加入したラカゼットがストライカーの位置に入った。対するレスターは岡崎がバーディと2トップを組み、移籍の噂があるマフレズはスターティングメンバーに名を連ねている。

17-18シーズンのプレミアリーグは、壮絶な幕開けとなった。前FA王者のアーセナルは開始2分、新加入のラカゼットが初出場となったプレミアリーグでいきなり結果を残す。エルネニーの右サイドからのクロスを頭で合わせ、アーセナルが先制に成功。

出鼻を挫かれたレスターだが、サムライがわずか3分で試合を振り出しに戻した。CKの流れからマグワイアの折り返しを岡崎が頭で合わせ、レスターが同点に追いつく。

開始早々のゴールから落ち着きを見せた試合は、互いがストロングポイントを活かす試合展開となる。アーセナルは自慢のパス回しでポゼッションを高め、レスターは前線からの守備に加え、カウンターを狙う。

すると29分、レスターが試合を動かす。岡崎のハイプレッシャーから、アーセナルにミスを誘発させると、ショートカウンターを発動。左からのオルブライトンのクロスに、完全に前に出たバーディが合わせ逆転に成功する。これで終われないアーセナルは、前半終了間際にウェルベックがラッキーな形で同点弾を決め試合を振り出しに戻した。

嫌な形で前半を終えたレスターだが、頼れるエースが悪い流れを断ち切る。56分、CKからバーディが頭で合わせ、レスターが突き放しに成功した。

勝利には2点が必要となったアーセナルは、67分にジルーとラムジーの2枚を入れ巻き返しを図る。するとこの采配がアーセナルにとって、最高の結果を生むことに。83分にラムジーが同点弾を決めると、85分にはジルーがCKを頭で合わせ逆転に成功。試合終了間際にアーセナルが試合をひっくり返した。

結局このゴールが決勝点となり、壮絶なシーソーゲームはアーセナルがものにしている。一方敗れたレスターだが、はっきりとした戦術でアーセナルを最後まで苦しめ、今シーズンの道しるべとなる戦いを見せた。

[メンバー]

アーセナル:チェフ、ホールディング(→ジルー67)、モンレアル、コラシナツ、ベジェリン、ジャカ、エルネニー(→ラムジー67)、チェンバレン、ウェルベック(→ウォルコット75)、エジル、ラカゼット

レスター:シュマイケル、シンプソン、モーガン、マグワイア、フクス、エンディディ、ジェームズ(→イヘアナチョ82)、オルブライトン(→グレイ88)、マフレズ、岡崎慎司(→アマーティ72)、バーディ

[スコア]

アーセナル 4-3 レスター

[得点者]

アーセナル:ラカゼット(2)、ウェルベック(45+)、ラムジー(83)、ジルー(85)

レスター:岡崎(5)、バーディ(29、56)

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ