[移籍]超万能型DFが浅野の同僚に 「ここには熱狂的な空気がある」

複数のポジションでプレイ可能なアオゴ photo/Getty Images

「早くチームに合流したい」

浅野拓磨も所属するドイツのシュツットガルトが9日、シャルケを退団しフリーになっていた元ドイツ代表DFデニス・アオゴと2年契約にサインしたと発表した。背番号は「3」を与えられている。

ナイジェリア人の父とドイツ人の母の間に生まれたアオゴはフライブルクのユース出身で、2004年10月にブンデスリーガにおけるデビューを飾ると、セントラルミッドフィルダーとして若くからレギュラーの座を確保。その後はハンブルガーでのプレイを経て、2013年より日本代表DF内田篤人擁するシャルケに在籍していた。ブンデスリーガでの経験が豊富なアオゴを移籍金ゼロで手にしたシュツットガルトの公式サイトにおいて、30歳の新戦力は次のように述べている。

「僕はシュツットガルトからの誘いを聞いた時、迷わずにすぐ決断することができた。このチームとサインできて最高に嬉しいよ。自分のキャリアでも何度かシュツットガルトと対戦してきたけど、ここはいつもとてつもなく熱狂的な空気に覆われている。もちろんそれもここへ来た理由のひとつだよ。早く新しいチームに合流したいね」

SBやCBを始め、センターハーフとしてもプレイできるユーティリティ性を備えたアオゴ。ドイツで200試合以上に出場したその豊富な経験を生かし、新チームでも素晴らしいパフォーマンスを見せてくれるよう期待したいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ