S・ロベルトのバルサ退団が濃厚に 移籍先の最有力は……

長きにわたりバルセロナの躍進を支えてきたが...... photo/Getty Images

壮絶なレギュラー争いに晒されている

2016-2017シーズンのリーガ・エスパニョーラ32試合に出場し、6アシストを記録したセルジ・ロベルト(現バルセロナ)。2010-2011シーズンに同クラブのトップチームデビューを果たし、現在もサイドバックやセントラルMFの両ポジションで高水準のプレイを披露し続けている。

同クラブの躍進を支えてきた同選手だが、今オフにチェルシーへの移籍の噂が英国メディアで報じられたほか、新たにマンチェスター・ユナイテッドが同選手の獲得レースに参戦したと、5日付けのスペインメディア『Don Balon』が伝えている。なお、マンチェスター・ユナイテッド側が既に3600万ポンド(約52億円)の契約解除金を捻出する準備を整えたことが、6日付けの英『THE Sun』で併せて報じられた。

今オフにDFネルソン・セメド(前ベンフィカ)が加入したことにより、現所属クラブでの序列が不透明なセルジ・ロベルト。サイドバックとしての定位置確保が危うくなったほか、中盤ではイヴァン・ラキティッチやセルヒオ・ブスケッツ、及びアンドレス・イニエスタとのレギュラー争いが予想されるなど、出場機会の確保が困難な状況となっている。キャリアの岐路に立たされたと言っても過言ではない同選手だが、どのような決断を下すのだろうか。新シーズン開幕以降の出場時間が、同選手の去就を大きく左右するかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ