ミラン、花形FWの獲得が難航 23歳への“90億円オファー”も実らず

新生ミランを指揮するモンテッラ photo/Getty Images

FW補強が次々に失敗

積極的な補強を続ける新生ミランが、花形ストライカーの確保に悩まされている。

アルバロ・モラタやジエゴ・コスタ、ズラタン・イブラヒモビッチ、ピエール・オバメヤンなど、多くの選手がロッソネーロの新FW候補として取り沙汰されてきたが、現時点でサインに成功したのはセリエAでの活躍が未知数な新鋭アンドレ・シウバとファビオ・ボリーニの2人のみだ。移籍マーケットの閉幕が刻々と迫る中、ミランはかねてより熱視線を送るイタリア代表ストライカー、アンドレア・ベロッティ獲得に向けて約90億円ものオファーを新たに提示したものの、トリノから拒絶されたと伊『Gazzetta dello Sport』が報じている。

昨季のセリエAで26ゴールを挙げた23歳のベロッティは現在その評価を急上昇させており、過去にはレアル・マドリードやマンチェスター・ユナイテッドの補強リストにも名を連ねたとされる逸材だ。新生ミランの船出を飾るには申し分のない銘柄だが、中国資本による経済的なバックアップを得た彼らはいまや足元を見られてしまう立場にあり、大型補強における“最後の仕上げ”に苦しんでいる。

もちろんプレシーズンで存在感を示した大型新人パトリック・クトローネなどを筆頭に、個性あるFW陣が揃っているのも事実だが、フランク・ケシエやハカン・チャルハノールらのパスをネットへ突き刺す英雄の到来はクラブの復権に欠かせない重要なピースとなるだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.240 V字回復への処方箋
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ