バルサで燻るA・ゴメス イタリア行きの可能性も

今オフの退団が噂されているアンドレ・ゴメス photo/Getty Images

マンUへの移籍の噂が報じられていたが......

2016-2017シーズンのリーガ・エスパニョーラ30試合に出場したMFアンドレ・ゴメス(現バルセロナ)。EURO2016でポルトガル代表の優勝に貢献し、鳴り物入りで同クラブへの移籍を果たした同選手だが、同リーグで僅か2アシストに留まるなど、期待を大きく裏切る結果となった。

マンチェスター・ユナイテッドへの移籍の噂が英国メディアで報じられるなか、セリエAに所属するユヴェントスが同選手の獲得を検討していると、伊『calciomercato』が伝えている。同メディアによると、ゴメスの豊富なスタミナや高い運動能力に惚れ込んだマッシミリアーノ・アッレグリ監督(現ユヴェントス)が、同選手の動向を注視。バルセロナが今オフの中盤の人員整理を検討していることに目をつけ、(バルセロナとの)本格的な交渉を開始する意向を示したことが併せて報じられた。

サミ・ケディラやクラウディオ・マルキージオが近年負傷離脱を繰り返すなど、中盤の陣容に不安を残しているユヴェントス。ゴメスを獲得した暁には中盤の選手層拡充は勿論のこと、同ポジションの選手たちにより高いレベルでの競争を促すことも可能となるが、同クラブは目論み通りに獲得交渉を進めることができるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ