バイエルンがピンチ 問題に頭を抱える指揮官「普段はこれほど失点しないのに……」

リヴァプール線を振り返ったアンチェロッティ監督 photo/Getty Images

問題があることは明白 絶対王者の地位も危うい!?

1日にプレシーズントーナメント『アウディカップ2017』が行われ、バイエルン・ミュンヘンとリヴァプールと対戦した。

試合は、開始7分にサディオ・マネのゴールで先制したリヴァプール。34分に新戦力のモハメド・サラーが追加点を挙げると、83分にダニエル・スタリッジがダメ押しゴールを決め、3-0でバイエルンを撃破した。この結果、バイエルンはナポリとの3位決定戦へ回り、リヴァプールがアトレティコ・マドリードとの決勝へ進むこととなっている。

試合後、リヴァプールに完敗を喫したバイエルンの指揮官カルロ・アンチェロッティがインタビューに応じ、次のように試合を振り返った。クラブの公式サイトなどがコメントを伝えている。

「我々はまだトップコンディションじゃない。攻撃も守備も良いプレイができていなかった。ただ、土曜日(DFLスーパー杯・ドルトムント戦)には確実に良くなっているはずだよ。普段はこんなに多くのゴールを奪われたりはしないんだけどね。問題があることは明白だ。我々はもっとバランスを保たなければならない。良いバランス状態であれば、彼らのカウンター攻撃を防げていただろう」

インターナショナルカップでACミランに0-4、インテルに0-2で敗戦を喫したり、勝利したもののチェルシー戦でも2点を奪われたりするなど、今夏のテストマッチでは失点が目立つバイエルン。思うようなプレシーズンを過ごせていないようだが、5日に行われる今季初タイトルがかかったドルトムント戦で、結果を残すことができるのか。ついに絶対王者の地位が揺らぐときがくるかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ