レアルに浮上した“CB問題” 新鋭バジェホの扱いでジダンとクラブが対立へ

レアルで信頼を勝ち取れるのか photo/Getty Images

ジダンはさらなる修行を望む?

ヘスス・バジェホは果たしてぺぺの代役を担うに値するのか。その観点において、ジネディーヌ・ジダンとレアル・マドリードには意見の相違が生じているという。

日本代表MF長谷部誠も所属するドイツのフランクフルトへのローンを終え、今夏に古巣レアルに復帰したバジェホ。20歳という年齢ながら、その肩には早くも退団したポルトガル代表CBの後釜という重責がのしかかっているが、ジダンはこのミッションを与えるには時期尚早と考えているようだ。スペイン『Diario Gol』が報じた。

曰く、ジダンは夏のプレシーズンマッチにおけるバジェホのパフォーマンスに100%の満足感を抱いておらず、もう1年、他クラブへのレンタル修行を積ませることを提案。その代わりとして新たな即戦力のCBを獲得するよう要求しているものの、レアル首脳陣はこれに反対の姿勢を示しており、バジェホを戦力としてカウントするようジダンへ要請したという。

複数メディアはこれまでにバイエルン・ミュンヘンのジェローム・ボアテングや、アスレティック・ビルバオのアイメリック・ラポルテなどの実力派CBにサンティアゴ・ベルナベウ行きの可能性があると報じてきたが、これはレアル・マドリードの総意ではなかったということか。いずれにしても移籍マーケットは1ヶ月後に閉じられる為、それまでには新シーズンを戦い抜くチームの駒を揃える必要があるだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ