チェルシーのコンテが再びオバメヤンとのサインを熱望

ドイツで活躍するストライカー photo/Getty Images

またも退団説浮上

ピエール・オバメヤンを巡る騒動はまだ完結していなかったようだ。ドルトムントで突出したクオリティーを誇るガボン代表FWに対し、イングランドのチェルシーが再び関心を示している。

伊『Corriere dello Sport』はミランからのオファーを拒絶したオバメヤンが再びチェルシーの興味を引いていると報道。改革を進めるロッソネーリから提示された年俸800万ユーロの誘いには首を横に振ったものの、依然としてチェルシーとパリ・サンジェルマンは新天地候補であり続けており、特に前者のアントニオ・コンテ監督は本気だという。曰く、コンテはレアル・マドリードから獲得したばかりのスペイン代表FWアルバロ・モラタのここ数日におけるパフォーマンスに納得しておらず、新たにもう1枚の得点源を熱望。先日は自身が“最も欲しい新戦力”として「トッテナムのハリー・ケイン」を名指しで称賛するなどし、間接的なメッセージとも解釈できるコメントを発していた。

圧巻のスピードと抜群の決定力を備えるオバメヤンには、これまでレアル・マドリードやアーセナル、マンチェスター・シティなどが関心を示してきたが、最近は移籍の噂もトーンダウンし、ドルトムント幹部も同選手の残留を宣言。もしもコンテが再び手招きをしたとすれば、オバメヤンはどのような答えを出すのだろうか。スピードスターの去就に引き続き注目が集まることとなりそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ