昨季トップ6に負けなし クロップがプレミアの頂点へ虎視眈々

クロップ監督 photo/Getty Images

昨シーズンは取りこぼしに泣く

17-18シーズンのプレミアリーグのタイトル争いは、より激しさを増すだろう。16-17シーズンのような1チームが首位を独走する展開にはならないはずだ。

リヴァプールももちろん優勝候補の1チームである。同クラブは16-17シーズン、トップ6相手には圧倒的な強さを見せ、一度も土を付けることはなかった。しかし、順位は4位に終わり、下位相手への取りこぼしがそのまま結果に反映されてしまっている。だがそれは同時に、期待値が高いことを意味するだろう。リヴァプールで3年目を迎えるユルゲン・クロップ監督は、今年が勝負の年となる。同監督は新シーズンの目標は変わらず、プレミアリーグの頂点を目指すと語った。同選手のコメントを英『sky SPORTS』が伝えている。

「我々はなんの野望もなくシーズンをスタートさせたりはしない。目標を持たなければならない。昨シーズン、我々が目指したものは頂上だったが、4位に終わった。しかし、今はとても素晴らしいチームとなっているよ。昨シーズンは少し運に見放されていた。しかし、より上手くプレイできるだろう。全て上手くやってみせるよ。向上しすぎることはない。ハードワークを続けていくさ」

16-17シーズン同様トップ6相手に無類の強さを見せ、下位相手にもしっかり勝利していけば優勝は自ずと見えてくるだろう。クロップ政権3年目のリヴァプールに注目が集まる。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ