ロベカルの『悪魔の左足』は44歳の今もなお健在 相手選手を一撃でノックアウト(動画アリ)

引退後も衰え知らずの怪物、ロベルト・カルロス氏 photo/Getty Images

「まさに殺人シュート」

サッカー界には、年を重ねても衰え知らずの怪物がたくさんいる。現役時代にインテルやレアル・マドリード、フェネルバフチェなどでプレイし、当時『悪魔の左足』と恐れられたロベカルことロベルト・カルロス氏の強力なシュートは、44歳になった今もなお健在のようだ。

チリ『ADN Radio』やアルゼンチン『Ole』など、いくつかの南米メディアによると、7月末にブラジルで行われたシニア世代のアマチュア試合に出場したロベルト・カルロス氏。この試合で現役時代を彷彿させるような破壊力のあるFKを放ったという。ただ、このシュートは豪快に直接ゴールネットへ突き刺さったのではなく、ゴールを守る壁に直撃。相手選手を悶絶させ、一撃でノックアウトしたことで注目を浴びた。チリ『ADN Radio』は「彼はまだ左足にミサイルを持っている」と取り上げている。

そして、このときの動画をロベルト・カルロス氏も自身のInstagramへ投稿。数時間で20万回近く再生され、「ロベルト・カルロスに壁なんて通用しない!」や「壁に入る人はなんて勇敢なんだ」、「まさに殺人シュート」などのコメントが多く寄せられていた。




参照元:本人Instagram

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.190 ハリルジャパンの此れまで・此れから
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ