退団の前兆か ネイマールがクラシコ後にレアルのロッカールームへ

夏のクラシコを戦ったネイマール photo/Getty Images

決断の時は近いか

どんな会話が交わされたのか、詳細なことは当事者にしか分からない。バルセロナからの退団が噂されるブラジル代表FWネイマールが30日、プレシーズンマッチのクラシコを終えた後にライバルのロッカールームへと直行した。

インターナショナル・チャンピオンズカップ2017でレアル・マドリードと対戦したバルセロナは、リオネル・メッシやイヴァン・ラキティッチらのゴールで3-2と辛勝。この一戦に先発出場し、現在パリ・サンジェルマンへの移籍が秒読み段階に迫るネイマールは試合後にレアルのロッカールームへ向かう様子が現地カメラによって収められ、スペイン紙『MARCA』はこれを“別れの挨拶”だと表現している。

複数メディアによれば、ネイマールはライバルチームの控え室で同胞のマルセロやカゼミロ、そして主将セルヒオ・ラモスらと談笑し、最後にはユニフォームを交換。もちろんこの行動が彼の渡仏を直接意味するものではないが、現在の同選手の状況を考慮すれば、“アディオスの儀式”と解釈されてもおかしくはないだろう。バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長を含む首脳陣は、今後ネイマールとの対談の場を設けることを示唆しているが、仏紙を始め、多くのメディアはすでにPSGとネイマールの間で契りは交わされていると指摘。これらが事実で、巨額の契約解除金が支払われてしまえば、バルセロナ側にできることは正式な発表のタイミングを待つことだけだ。

2013年のリーガ・エスパニョーラ参戦以降、素晴らしいパフォーマンスで観衆を沸かせてきたネイマールだが、やはりロッカールームへの挨拶は大きな決断を前にした振る舞いだったのだろうか。遅かれ早かれ、その答えは明らかになる。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ