セビージャ、快速ドリブラーと“復縁”秒読み 近日中に獲得発表へ

サイドを主戦場とするナバス photo/Getty Images

かつての英雄を再び迎え入れるか

今夏にイングランドのマンチェスター・シティとの契約を満了した元スペイン代表MFヘスス・ナバスが、古巣へ復帰することになりそうだ。

現在31歳のナバスはかつてセビージャユースの至宝とも謳われた逸材で、圧巻のスピードと変幻自在のドリブルテクニックにより相手DFを一瞬で置き去りにできるウインガーだ。イングランドには2013年6月より上陸を果たし、初年度は主力として多くのプレイタイムを得ていたものの、ペップ・グアルディオラの招聘を機に徐々に出場機会は減少していた。

スペイン『Diario sevilla』はフリートランスファーでの契約が可能なナバスに対し、最も強い関心を抱いているのが古巣セビージャであり、数週間の交渉の末、いよいよ完全合意が秒読み段階となっているという。同クラブはこの快速ドリブラーに年俸200万ユーロを支払う準備があり、正式な書面上の手続きを終え次第、世界中のサポーターに向けて発表する予定だ。

セビージャは今夏、同選手と同じくサイドを主戦場とするウインガーのビトーロを放出しており、ナバスのような即戦力の確保を望んでいた。彼らにとっては何としてでも締結させたい契約だと言えるだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ