“異常なサッカー界”に驚くブッフォン「膨らみ続けた風船は必ず爆発する」

ユヴェントスのゴールマウスを守るブッフォン photo/Getty Images

「規制が必要」

イタリアのユヴェントスでプレイするGKジャンルイジ・ブッフォンが、サッカー界に蔓延する“ハイパーインフレ”について言及している。

今や100億円の移籍金など驚くに値しない。夏のマーケットを迎えるたびに移籍金のレコードが更新され、たった1人の選手を招聘するために天文学的な金額が飛び交う。パリ・サンジェルマンはネイマールとサインするべく、283億円を準備し、レアル・マドリードもわずか18歳の若者との契約に巨費を支払う覚悟があるという。そんな異様ともいうべきマーケットに対して警鐘を鳴らしたのは、自身もGKとしての移籍金レコードを破り、ユヴェントス入りしたブッフォンだ。『ESPN』が同選手のコメントを伝えている。

「ファイナンシャル・フェアプレイのルールを適用すべきか? 僕はそう思うね。いくつかの基準によって制限されるべきだよ。今、市場で行われていることはまるで幻想のようだ。なぜネイマールの値段は283億円なのか。774億円じゃなくても良いのか? 僕が幼い頃、祖父はいつも言っていたものさ。風船は膨らみ続けて、やがて必ず爆発するってね」

さらにブッフォンは、“爆買い”を続けるライバルのミランについても言及した。

「ミランの改革? もはや今のサッカー界のマーケットでどんなことが起きたとしても驚くことはないよ。ミランはとてつもない金額を費やしてる。昨日までの記録は、すぐに明日破られる。そんな毎日だね」

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.255 アトレティコの現在地

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ