負傷に悩まされる“元アーセナル主将” プレミア復帰が濃厚に

バルセロナへの移籍を決断したが...... photo/Getty Images

バルセロナ&ローマで輝けず

昨夏にローマへの移籍(ローン移籍)を果たしたDFトーマス・ヴェルマーレン。アーセナル在籍時に主将を務め、2014年夏にはバルセロナへの移籍を果たした同選手だが、度重なる負傷に悩まされて出場機会を失うシーズンが続くなど、苦境に立たされている。

こうした状況のなか、プレミアリーグに所属するウェストブロムウィッチ・アルビオンが同選手の獲得を検討していると、英『sky SPORTS』が伝えている。同クラブの他にクリスタル・パレスが同選手に熱視線を注いでいるほか、同選手のフィジカルコンディションを見極めたうえで獲得交渉が進められる見込みであることが併せて報じられた。

今オフにバルセロナへの復帰を果たした同選手だが、ハビエル・マスチェラーノやジェラール・ピケ、及びサミュエル・ウムティティといった面々からレギュラーの座を奪うのは容易ではない。キャリアの岐路に立たされたと言っても過言ではない同選手だが、2013-2014シーズン以来となるプレミアリーグへの復帰を決断するのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ