スナイデル、新シーズンも欧州のトップリーグへ 移籍先の最有力は……

オランダ代表を牽引するスナイデル(10番) photo/Getty Images

去就が注目されている

2013年1月にインテルからガラタサライへの移籍を果たしたヴェスレイ・スナイデル(オランダ代表MF)。33歳となった今でもハイパフォーマンスを維持している同選手だが、今オフに同クラブとの契約を解除して無所属となるなど、去就が注目されている。

こうした状況のなか、リーグ・アンに所属するニースが同選手の獲得を検討していると、伊『La Gazzetta dello Sport』が伝えている。なお、既にニースの首脳陣と同選手の代理人との間で交渉が進められていることが併せて報じられた。

26日に行われた2017-2018シーズンのUEFAチャンピオンズリーグの3次予選(1stレグ)で、アヤックスに1-1で引き分けたニース(※)。本選への出場を実現できるかが、同選手の去就に大きな影響を与えると言っても過言ではないだろう。同選手の動向も然ることながら、同クラブの新シーズンの戦いぶりにも注目が集まる。

※1stレグはニースの本拠地で開催。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.258 王者達をプレイバック

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ