[移籍]ベニテス率いるニューカッスルがドルトムントから“スペインの至宝”を獲得

ニューカッスル復活は彼の手に委ねられた photo/Getty Images

「最高に幸せな気分」

イングランドのニューカッスルが28日、ドイツのドルトムントからU-21スペイン代表MFミケル・メリーノを獲得することで合意に達したと発表した。契約期間は1年間でレンタルでの加入となる。

現在21歳のメリーノはオサスナユース出身のエリートで、昨年夏よりドルトムントでプレイを開始すると、初年度は9試合の出場にとどまり、同クラブの激しいポジション争いを前に十分なプレイタイムを確保できずにいた。しかし、現ニューカッスル指揮官で同胞でもあるラファエル・ベニテス監督はかねてよりメリーノの才能に注目。2004年当時はまだ無名に近かったシャビ・アロンソやルイス・ガルシアをイングランドの地でブレイクさせた功績を持つ名将だけに、メリーノからも素晴らしいポテンシャルを感じたのかもしれない。

なお、ローンでニューカッスルへ入団することとなったメリーノは公式サイトにおいて、次のようにその喜びを語っている。

「ニューカッスルのような偉大なクラブにやってくることができた。そしてこのチームのメンバーになることが叶って最高に幸せな気分だ。早くボールを使ってプレイしたいし、新しい仲間にも会いたいね。とにかくサッカーをやることが楽しみでしょうがないよ」

来季よりプレミアリーグの舞台へ復帰するベニテス率いるニューカッスル。その復権に向けた準備は着々と進んでいるようだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ