元同僚がベルナルデスキの“心変わり”を暴露「ユーヴェには行かないと言ってたのに……」

今夏の移籍市場でユヴェントスへ移籍したベルナルデスキ photo/Getty Images

「ユーヴェに『NO』と言うのはほぼ不可能」

未来に何が起こるかなんて誰にもわからない。今夏の移籍市場でユヴェントスへ移籍したイタリア代表FWフェデリコ・ベルナルデスキだが、過去にユヴェントスへの移籍だけはないと豪語していた時期があったようだ。

下部組織時代から合わせると、10年以上もフィオレンティーナで過ごしてきたベルナルデスキ。23歳ながらチームでは10番を背負うなど、将来を担う存在として期待されていた。だが、若き逸材に目をつけたユヴェントスが、今夏の移籍市場で引き抜くことに成功した。

そんな中、2014-15シーズンから2シーズンにわたってベルナルデスキともにプレイし、現在はチェルシーに所属するDFマルコス・アロンソがフィオレンティーナ時代を回想。欧州で話題を呼んでいる。

英『Squawka』などによると、インタビューに応じたアロンソは「僕はフィオレンティーナでプレイできて幸せだったし、クラブや街に良い思い出もあるよ。ベルナルデスキについてかい? 彼は契約延長した際に、『ユヴェントスへ行くことはない』と言ってたんだけどな」とコメント。その上で「やはりサッカーに絶対はないんだね。ネトのときもそうだったが、ベルナルデスキの移籍はより多くの混乱を引き起こしている。彼がいつか復帰を希望した場合、歓迎されるかはわからない。でも、彼がトロフィーを勝ち取るためには重要なユニフォームを選んだと思うよ。ユヴェントスに『NO』と言うのはほぼ不可能だよ」と述べた。

アロンソがベルナルデスキの『心変わり』を暴露した。ユヴェントス移籍が正解かどうかはわからないが、自身にとってプラスであったことを証明するためにも、ベルナルデスキは新天地で結果を残したいところだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.255 アトレティコの現在地

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ