スペイン1部クラブからJリーガーにオファー 浦和側は6億円以上を要求と伊メディア

浦和に安価で売却するメリットはないが…… photo/Getty Images

浦和の新加入FWにスペインからの関心

来季よりリーガ・エスパニョーラで戦うスペインのジローナが、日本のJリーグから新戦力を引き抜こうとしている。

伊『calciomercato』は26日、クラブ史上初となるスペイン1部リーグでの挑戦を控えたジローナが、浦和レッズに所属する25歳のブラジル人FWラファエル・シルバを獲得すべく交渉中だと報道。現状、浦和側は同選手の売却に500万ユーロ(約6億5000万円)の支払いを要求しているものの、ジローナ側にその額を準備するつもりはなく、より安価な価格での合意を求めているという。

R・シルバはブラジルの名門コリンチャンス下部組織出身で、2014年8月にスイスのルガーノからJリーグへ上陸。浦和には今年初めより加入したばかりで、早くもリーグ戦で8ゴール、そしてACLにおいても5試合で5ゴールを奪うなど、その才能を遺憾なく発揮している。浦和にとっては今後の成長も見込める25歳のエースをバーゲン価格にて放出する理由はなく、ジローナサイドが500万ユーロという浦和の要求額をいかにして満たすかが焦点となるだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ