リーグ・アンで輝いた“アフリカのシャビ” プレミア挑戦を決断か 

ニースの攻撃を牽引するセリ(左) photo/Getty Images

ニースの躍進に貢献

2016-2017シーズンのリーグ・アン34試合に出場し、7得点9アシストを記録したジャン・ミシェル・セリ(コートジボワール代表)。長短を織り交ぜた正確なパスでニースの攻撃を牽引し続け、複数のメディアで“アフリカのシャビ”という異名でプレイぶりを称えられるなど、日増しに評価を高めている。

かねてよりバルセロナへの移籍の噂が囁かれていた同選手に、新たな話題が浮上。アーセナルが同選手の獲得に乗り出し、移籍先の最有力候補に躍り出たという見方が英『THE Sun』や仏『L’Equipe』で伝えられている。なお、現時点でアーセナルが3500万ポンド(約51億円)の契約解除金を捻出する構えを見せていることが併せて報じられた。

モハメド・エルネニーにレスターやガラタサライへの移籍の噂が絶えないほか、ジャック・ウィルシャーやアーロン・ラムジー、及びサンティ・カソルラが負傷を繰り返すなど、中盤の陣容に不安を抱えているアーセナル。非凡なパスセンスのみならず、無尽蔵のスタミナを活かした守備にも定評がある同選手はまさに打ってつけの存在だが、獲得にこぎ着けることができるだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ