ポグバが先輩イブラに心酔「いつか彼のように振る舞えたら最高」

1シーズンを共闘した2人 photo/Getty Images

「真のリーダーシップを備えた男」

イングランドのマンチェスター・ユナイテッドでプレイするフランス代表MFポール・ポグバが、2016-17シーズンを共に戦ったスウェーデン人FWズラタン・イブラヒモビッチに敬意を表している。

昨夏に4年間を過ごしたパリ・サンジェルマンとの契約を満了し、自身初となるイングランド上陸を果たしていたイブラヒモビッチ。強靭なフィジカルと生まれ持ったカリスマ性を存分に発揮し、加入直後から強烈なインパクトを残していた同選手だが、シーズン終盤には右膝靱帯を負傷。現在も黙々とリハビリ生活を送る元スウェーデン代表ストライカーに関して、ポグバは“素晴らしいリーダー”だと讃えている。『ESPN』がフランス代表MFのコメントを伝えた。

「ズラタン・イブラヒモビッチは言うまでもなく真のリーダーシップを備えた男さ。僕らにとっては今でも偉大なるリーダーだよ。仮に彼がピッチから離れてフットボールをしていなかったとしても、外から僕たちを誘導してくれるような存在だね。昨夏からの1シーズンをイブラヒモビッチと過ごす機会に恵まれたが、僕は彼のようになりたいと感じた。強く頼れるリーダーにね。あんな風に振る舞えたら最高だよ」

これまでにアヤックスやユヴェントス、インテル、そしてミランなど錚々たるメガクラブに確かな足跡を残してきたイブラ。赤い悪魔との契約延長オプションは行使されずに終わったものの、MLSを含む複数クラブが契約に関心を抱いており、まだまだ彼のストーリーを満喫することができそうだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ