ウェストハムオーナーもチチャリートに期待 「2年前も獲得しようとしたが……」

ウェストハム加入が決まったハビエル・エルナンデス photo/Getty Images

再びプレミアリーグでの爆発に期待

今夏積極的な補強に動いたウェストハムは、レヴァークーゼンからメキシコ代表FWチチャリートことハビエル・エルナンデスを獲得した。エルナンデスはかつてマンチェスター・ユナイテッドでもプレイした選手で、プレミアリーグで通用する選手であることは証明済みだ。

同選手にはウェストハムのオーナーを務めるデイビッド・サリバン氏も大きすぎるほどの期待をかけている。英『Talk Sport』によると、同氏はエルナンデスがウェストハム史上最高の補強になるかもしれないと考えているようで、以前から興味を抱いていた選手を獲得できたことに大きな喜びを感じていることを明かした。

「私は彼がクラブにやってきた者の中で最高の選手になれるポテンシャルがあると思う。ここ数年彼は最高の点取り屋であることを証明してきたし、ユナイテッドでもそれをやっていた。彼とレヴァークーゼンとの契約が残り1年になっていたことは幸運だったよ。我々は2年前にも獲得しようと熱心だったが、残念なことに彼は我々よりドイツ行きを選んだからね」

ウェストハムは他にもFWマルコ・アルナウトビッチ、DFパブロ・サバレタ、GKジョー・ハートと即戦力を確保している。エルナンデスとアルナウトビッチの2人が前線で決定的な働きができると大きいが、エルナンデスはクラブ史上最高クラスの選手になれるか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ