FWモラタ、チェルシーで「9番」モラッタ! あの“超大物選手”以来となるエース番号を確保

スペインから参戦したモラタ photo/Getty Images

あとはネットを揺らすだけ

イングランドのチェルシーが24日、スペインのレアル・マドリードから獲得したFWアルバロ・モラタら新戦力の背番号を発表している。

アントニオ・コンテ監督による期待の大きさが如実に表れていると言えるだろう。ユヴェントスで世界的なストライカーへと成長し、馴染みの街マドリードでは黙々とネットだけを見つめていた24歳のスコアラーは来季、「9番」を着用してスタンフォードブリッジを駆け回ることとなる。チェルシーでこの番号を最後に背負っていたのは、現在モナコで復調の気配を見せるコロンビア人ストライカーのラダメル・ファルカオであり、モラタにとってはモデルのような存在だ。

なお、モラタの他に今夏のマーケットでチェルシーへと加入したドイツ代表DFアントニオ・リュディガーは「2番」、モナコから参戦のフランス代表MFティムエ・バカヨコは「14番」を、そしてGKウィリー・カバジェロは「1番」を着用することも併せて発表されている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.255 アトレティコの現在地

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ