ウォーカーの代役はもう決まり? トッテナムがU21ドイツ代表DFの獲得へ

著しい成長を遂げているトリアン photo/Getty Images

リオ五輪で銀メダル獲得にも貢献

2016-2017シーズンのプレミアリーグを2位で終えたトッテナム。新シーズンの国内タイトルの獲得や欧州の舞台における躍進が期待されている同クラブだが、DFカイル・ウォーカーがマンチェスター・シティへの移籍を決断するなど、陣容に不安を抱えている。

こうした状況のなか、同クラブが現ホッフェンハイム所属DFジェレミー・トリアンの獲得を検討していると、英『THE Sun』が伝えている。豊富なスタミナとスピードに定評があり、センターバックとサイドバックの両方で高水準のプレイを披露する同選手。昨年に行われたリオデジャネイロ五輪でドイツ代表の銀メダル獲得に貢献したほか、今年6月に開催されたU21欧州選手権にも出場して優勝の原動力となるなど、著しい成長を遂げている。

既に同選手の獲得交渉を開始したことが同紙で伝えられているトッテナム。現時点で移籍市場における動きが少ない同クラブだが、即戦力の獲得にこぎ着けることができるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ