ミラン革命、次なるターゲットはベンゼマ! 90億円を準備と現地メディア

まだまだ買う?

まだまだ買う?

イタリア行きの可能性が浮上 photo/Getty Images

ノリに乗っているミラン、次なるターゲットはレアル・マドリードのエース、カリム・ベンゼマとなるかもしれない。イタリアメディアが報じた。

リカルド・ロドリゲスやハカン・チャルハノール、レオナルド・ボヌッチなどの実力者を続々とチームに加え、今夏最も精力的に市場を賑わせているミランだが、いまだに大きな契約の締結を望んでいるのだろうか。伊『Tuttosport』はロッソネーリがレアルのフランス人ストライカー、ベンゼマを獲得すべく7000万ユーロ(約90億円)もの資金を投じる準備があると指摘。すでに獲得しているポルトガル代表FWアンドレ・シウバらと共に魅力的なコンビネーションを披露することになるかもしれない。

もちろん契約締結に向けた障害も存在する。まずはアルバロ・モラタをチェルシーへと放出したレアルが、2人目のCF売却を許可する可能性は現実的ではないという点。またベンゼマが同胞であるジネディーヌ・ジダン監督の重宝してきたFWだという点だ。しかし、同メディアはレアル上層部の考えはジダンとは正反対だとし、今夏のマーケットこそが29歳のベンゼマを高値で売却するラストチャンスだと認識しているという。いずれにしてもレアルは近年、純粋なるCFを新規で獲得しておらず、仮にベンゼマを放出するのであれば代役となるスコアラーをチームに加えなければならないだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.255 アトレティコの現在地

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ