“カリスマ”ジダンについて語るカゼミロ「たまに練習試合に参戦すると、彼が誰よりも上手い」

練習中の一幕を明かす

練習中の一幕を明かす

今でもその上手さは健在か photo/Getty Images

スペインのレアル・マドリードでプレイするブラジル代表MFカゼミロが、カリスマ指揮官との関係性について言及している。

ポルトでの武者修行を終え、2015年6月より名門レアルの一員として活躍するカゼミロが、自身に多大なる信頼を寄せた同クラブ指揮官ジネディーヌ・ジダンについて語った。ピッチ上では勇敢なプレイを見せるカゼミロだが、当初はこのフランスの英雄との会話に戸惑っていたようだ。仏『Sports』を含む複数メディアが伝えている。

「ジダンとは当初、会話をすることすら少し怖かったくらいだよ。今ではより自然にやり取りをすることができるようになったけどね」

また、ジダン監督が時折、“プレイヤー”へと変貌することも明かした。

「トレーニング中に欠員が出たりして誰かが練習試合に参戦しなければならない時があると、あのジダンがプレイヤーとして参加する。そして、すぐに誰よりも上手いベストプレイヤーになるんだよ」

無理もない。彼は2006年まで名門レアルのシンボルであり続け、フランス代表としてもミシェル・プラティニから主役の座を引き継いでいたヒーローだ。シルクのような柔らかいボールタッチに加え、優雅な身のこなし。さしものレアル・マドリード選手たちも、“ジネディーヌ・ジダンの舞”にはただただ傍観する他ないのかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ