[移籍]英代表正GKハートのプレミア復帰が決定「難しい決断ではなかった」

1年の期限付き

1年の期限付き

16-17シーズン、トリノへ期限付きで移籍していたハート photo/Getty Images

ウェストハムは18日にクラブ公式サイトにて、マンチェスター・シティからジョー・ハートを1年間の期限付きで獲得したことを発表した。

ハートは16-17シーズン、ペップ・グアルディオラ監督のファーストチョイスとなれずトリノへ期限付きで移籍していた。15-16シーズン以来のプレミアリーグ復帰となったハートは、ウェストハムのクラブ公式サイトで移籍の喜びを語っている。

「プレイすることは僕にとって一番重要なことで、ここにくる機会を得られて最高の気分だよ。ウェストハムでプレイする来シーズンがとても楽しみだ。監督のスラベン(・ビリッチ)とも話をした。彼はクロアチアで素晴らしい仕事をし、ここでもとても上手くやっている。それがここに来た理由でもある。全く難しい決断ではなかったよ。トリノでの1年はとても楽しかった。またファンタスティックなリーグに戻ってくることができて嬉しいよ」

シティは今夏、GK史上最高額でベンフィカからエデルソン・モラレスを獲得している。そのため、ハートのシティ復帰は現実的ではなく、移籍先を模索している状態であった。ハートは新天地にて、イングランド代表正GKの実力を遺憾なく発揮したい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ