チェルシー、バカヨコ獲得がまさかの破談に? その理由とは

交渉が進展していると思われたが......

交渉が進展していると思われたが......

負傷の回復が遅れているバカヨコ(14番) photo/Getty Images

今オフにGKウィリー・カバジェロとDFアントニオ・リュディガーを獲得したチェルシー。国内や欧州の舞台での更なる躍進にむけて引き続き補強を進めている同クラブだが、暗雲が漂っている。

同クラブが獲得を熱望しているMFティムエ・バカヨコ(現モナコ)の膝の負傷の回復が遅れ、9月まで戦線を離脱する可能性が高まったと、英『THE Sun』が伝えている。また、チェルシーとモナコとの間で契約解除金の支払いに関する意見の相違があるとされ、移籍交渉が破談に終わる可能性も否定できないと、同紙で併せて報じられた。

2017-2018シーズンのプレミアリーグの序盤戦で、トッテナム(第2節)やエヴァートン(第3節)との対戦を控えているチェルシー。無事にバカヨコを獲得できるかどうかも然ることながら、同選手の復帰時期が同クラブの命運を握るかもしれない。今後も同選手の動向に注目だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.255 アトレティコの現在地

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ