UCL制覇狙うバイエルンは若い新加入組がカギ フンメルス「トリッソはあまり知らないけど……」

X・アロンソ、ラームは引退したが……

X・アロンソ、ラームは引退したが……

バイエルンのフンメルス photo/Getty Images

2016-17シーズン限りで引退したシャビ・アロンソ、フィリップ・ラームを失ったバイエルンだが、DFマッツ・フンメルスはチーム力に自信を持っているようだ。

今夏バイエルンは若いDFニクラス・ジューレやMFコランタンン・トリッソ、セルジュ・ニャブリらを獲得しており、来季の戦いでは彼ら若い力が重要なカギを握るだろう。『FourFourTwo』などによるとフンメルスはフランスからやってくるトリッソのことはあまり知らないようだが、新たに加入した選手たちのことを信頼しているようだ。

「彼らは僕たちを強くしてくれると思うよ。トリッソについてはあまり知らないと認めなければいけない。セバスティアン・ルディ、ジューレは代表チームですでに知っている。ニャブリもそうだね。この3人とはプレイしたことがあるけど、僕は彼らがチームを助けてくれると確信しているよ」

27歳と若手の部類には入らないが、バイエルンは2016-17シーズンに躍進したホッフェンハイムからセバスティアン・ルディも獲得している。彼ら新戦力の働きが来季のチャンピオンズリーグでもカギとなってくるはずで、クラブ史上最高額の移籍金で加入するトリッソ、そしてドイツ代表の3選手には大きな期待がかかっている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ