11月には頭を過っていた? ルーニーが明かす1月の移籍の噂

チームを優先

チームを優先

古巣復帰を決めたルーニー photo/Getty Images

古巣エヴァートン復帰を決めたウェイン・ルーニーだが、昨冬中の移籍もあり得たかもしれない。

16-17シーズンのルーニーは、ジョゼ・モウリーニョ監督のファーストチョイスにはなれず、ベンチを温める機会が多かった。そのため1月の移籍期間での移籍も囁かれたが、シーズン終了までユナイテッドの一員として戦い切っている。しかし、モウリーニョ監督の言葉次第ではユナイテッドを早々に去っていたかもしれないという。同選手のコメントを英『FourFourTwo』が伝えた。

「プレイできなければ、ただストレスが溜まるだけだ。(試合に出場している)選手たちは2日間リカバリーを行なう。その間ベンチメンバーは、スカッドに入らない選手たちと一緒にトレーニングを行なうんだ。要するに、本当のファーストチームでトレーニングを行なうことがなかった。11月頃に、クラブを離れるかもって思ったんだ。 1月に、ジョゼ(・モウリーニョ)と意見を交わしたんだよ。彼は常に僕を引き留めてくれて、シーズン終了まで力を貸して欲しいと言ってきた。だからそうしたんだ。しかし、自分のキャリアのために離れなければならないと思ったよ。とても悲しい瞬間だった。このクラブで13年も過ごしてきたからね。でも同時に自分のことも考えなければならなかった」

監督のため、チームのためにシーズン中の移籍を決断しなかったルーニー。ユナイテッドでキャリアを続けることが、本望だったかもしれない。しかし、古巣復帰を決断した今、さらなる挑戦がルーニーを待っている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.233 今季貢献度で選んだリーグ別ベストイレブン
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ