[移籍]ベシクタシュ、“ゼロ円”で元レアルの最強CBぺぺとサイン 2年間で18億円の契約へ

34歳が決断下す

34歳が決断下す

最高のDFはトルコへと向かった photo/Getty Images

彼のパッションはトルコで発揮されることになる。今夏にスペインのレアル・マドリードを退団したポルトガル代表DFぺぺとのサインを、ベシクタシュが正式に発表した。

6月30日に白い巨人との関係が終焉し、フリーとなったファイターが遂にその新天地を選択。フランスの名門パリ・サンジェルマンや、イタリアのインテル、さらには中国スーパーリーグへの参戦も噂されたが、ワールドクラスのCBが到着したのはトルコだ。ベシクタシュは今回のビッグディールで契約解除金を準備する義務は無く、2年間でおよそ18億円という大金をぺぺに支払うこととなる。

34歳のぺぺはコリンチャンスのユースに育ち、マリティモやポルトを渡り歩くと2007年にレアルと契約。当時のボス、ベルント・シュスターの下で闘志みなぎる“攻撃的CB”としてチームの最終ラインを統率していた。絶対的な自信を誇る対人プレイに加え、ヘディングでのゴールも多い彼の加入は、ベジクタシュにとって大きなプラスアルファとなるだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.255 アトレティコの現在地

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ